ホーム » 交通事故

交通事故」カテゴリーアーカイブ

どんなに些細な事故でも必ず自動車保険会社に報告

駐車場を探している際に右折レーンの道幅が狭いのに気づかずに、車を右に寄せた為左車線の車と接触事故を起こしてしまいました。
すぐに警察を呼び現場検証をされ免許証の確認及び住所・氏名・電話番号を聞かれ検証が終わりました。
事故を起こしたのが初めてなので警察は事故の事象の確認だけで、あとは当事者と保険会社で話し合わないといけないのを知らず、「あれ、もう警察は帰ってしまうのか」と不思議に思ってしまいました。
接触と言っても低スピードでコツンと傷が付いたか付いていないかで、相手の車は他にもそこら中に傷が付いていたのですが、やはり、接触した自分が一番悪いって事になります。

被害者は盛んに「保険会社を通さずに、直接銀行口座に振り込んでくれ」って言いますが、怪しいと考えすぐに自動車保険会社に電話し、保険会社と被害者直接交渉してもらいました。

あとで保険会社の人から聞いた話ですが、やはり相当、交渉が難航したそうです。
正直、車に傷付いたか付いていないかの事故で、百戦錬磨の保険会社の担当者も手こずる相手なのですから、被害者の誘導通り直接交渉していたら、「後遺症が出た」や「損失が出た」など、難癖をつけられ大変な被害を受けていたと思います。

当たり前ですが、事故を起こしたらどんな些細な事故でも、警察・保険会社に連絡し決して直接交渉せずしてはいけません。